パワハラ職場でぶっ壊れて婚約破棄された友人の話

「腹が出てるよ」

と、同僚から毎日パワハラを受けています

だいじんです

 

「わたしの腹が出ていてあなたになにか迷惑でもかけていますか?」

と小一時間問い詰めてやりたい

 

 

今日はそんな、僕が職場のパワハラから全力で逃げた理由

の記事でもちょろっと出ていた友人のお話です

 

「友人」は同じ職場の同僚なんですが

同い年でよく一緒にお酒を飲みに行くので

一方的に「友人」という事にさせていただきました
友人は僕と同じ職場で

パワハラにずっと耐え続けた1人の戦士です

今日はそんな友人が身をもって教えてくれた

パワハラに耐えても1ミリも良いことがないよ

という教訓のお話です

 

 

パワハラ上司はコンプレックスの塊

職場のパワハラ上司は自分のエゴを

「これは仕事」「指導してあげている」

という理由でいろいろと押し付けるタイプの人で

40代独身(バツイチ)、容姿と学歴にコンプレックスがあるようで

人からどう見られているか、自分が付き合う人の頭やルックスが良いかどうかを

やたらと気にする人でした

自分に自信がない事を自分の努力以外で

他人を使って隠そうとしていたのだと思います

体が小さいので肉体的なパワハラはありませんでしたが

とにかく陰険でした

 

パワハラ上司の職歴

過去に大きい会社に勤めていたため

それなりの収入と責任のある仕事は経験している

そしてその過去が忘れられない

お酒を飲んだら過去の話ばかりといった

ステレオタイプのめっちゃタチの悪い人でした

 

パワハラ上司の行動とヤバイ言動

パワハラ上司の変態的な行動と

言動をほんの一部だけご紹介します

 

・同じ個所のやり直しを意味なく何度も強要
・部下が担当している納期がせまった案件にケチをつけて残業を強要
・部下のアイデアを全否定した後、まるまるパクって採用
・お前は心が弱いから仕事ができないんだ、等大声で人格否定攻撃
・部下の印刷物には「これにはうん百万円かかっている」などとプレッシャーをかける
・自分は一発入稿の印刷物でタイポ
・今俺のこと、バカだなーって思ったでしょ?そういうのすぐ分かっちゃうよ、俺(女性社員に自分から話しかけておいて)
・渋谷の某有名社長を呼び捨てで「あいつは知り合いだけど最近頑張ってるよな」と女性社員に語る
・俺が取引先の担当者を紹介しないとお前らはなにも仕事ができない
・エクセルのマクロ使ってるやつはラクしてるからクソ
・デザイナーとプログラマーは仕事取ってこれないからクソ
・あーそれ俺が2年前に考えてたアイデアだわ

 

文字に書き起こすと下のほうは

完全にギャグ

なんですが

これをまじな顔してやってるんですから

本当にやばいですよ

 

パワハラ上司は野球が大好きで

何かといえば他人の悪口か野球界についてとか

野球選手の名言のことしか話さないんですが

押しつけがましくて暑苦しくて

一時期なぜか野球のことがまじで嫌いになりそうでした

野球に罪はないのに

 

パワハラは周りに伝染する

友人(と僕)が勤めていたのは小さな会社で

そのパワハラクソ上司は

創業メンバーだったという事もあり

社内ではそれなりに権力をもっており

転職したてで、右も左も分からなかった

素直で素朴で真面目な友人は

言われるがままに

「仕事とはそういうものなんだ!!」

と思いこんで、次第にその考え方に染まっていきます

 

その頃の職場でのパワハラと激務のコンボは相当辛かったようで

週末は息抜きにギャンブルや風俗

飲みに行ったら会社でやられたように友達へ説教

女性へは上から目線で説教と、はたから見ても

相当やさぐれていたように感じます

 

 

そして月日は流れ、仕事ができるようになった友人は

見違えるほどに頼もしくなりました

 

訳知り顔の圧倒的超上から目線

大企業から仕事を任されている俺は最強

サラリーマンの同年代は全員ゴミクズ(飲んだ時本人に言ってた)

といった

 

絵に描いたような完全なるパワハラ野郎

になっていました

 

そしてその日がやってきた

立派にパワハラに耐え続けた友人は

いつしか自分もその考え方に染まりきってしまい

ほとんどの時間を仕事に使っていたため

そのパワハラ的考え方を友人関係や

恋人関係にまで持ち込んでしまいました

 

友人関係では会う人会う人を見下してバカにするため、孤立し

恋人には、同棲7年、結婚式場を下見して、お互いの両親に挨拶を済ませて

さあ結婚式1か月前だ!!

という矢先に

婚約相手に逃げられてしまいました

 

友人の話を聞いていくと逃げられる直前は

仕事のストレスから毎晩酒に酔って

・俺は大きな企業と取引をしているからお前より偉いんだぞ
・ほんとは結婚なんかしたくないけど、同棲しちゃったし社会的にしょうがないからするんだ
・お前は俺のように人生をもっと頑張れ

といったことを毎回言っていたようです

他にも上から目線で

いろいろ言ったようですが憶えていないとのこと

 

女性側からしたら

まじでウザいですよね

 

そして友人が婚約破棄をされたことを

パワハラクソチビバツイチ上司に話したら

「ようやくお前もこっち側に来たか!!よし慰めてやろう!!」

と言わんばかりに飲みに連れていかれるのを見て僕は恐怖しました

 

 

 

 

そっちがわに行っちゃだめだー!!

 

 

 

 

 

 

死んでいった友人から得た教訓

パワハラ職場で仕事に没頭していた友人は知らず知らずのうちに他人に

 

一方的な価値観を押し付けるパワハラ野郎になって

 

当然のごとく結婚寸前で婚約破棄されてしまいました

 

やられたパワハラを繰り返す友人が悪い!!

女性をいじめるなんてDVだ!!

友人はただのヘタレだ!!

と思うかもしれませんが

 

友人は友人なりに、その職場になじもうと仕事を頑張ろうとした結果

その環境に染まるしかなかったのではないか

と思います

 

僕が職場のパワハラから全力で逃げた理由

何がパワハラだったか、をしっかり意識しておかないと

自分もパワハラをする側になる可能性がある

というのはこのように

死んでいった友人から得た教訓でした

 

素直で真面目な人ほど逃げずに頑張ろうとしてしまうので

悪意をもった人にも影響されてしまうのです

 

世の中は頑張れとか、戦えとか、そういった話が美談のように

語られますが

そういうのはまじで時間の無駄

だと思います

 

特にパワハラに関しては

絶対に頑張って耐えない方が良い

と断言できます

 

パワハラクソチビバツイチコンプレックス上司も戦うのが大好きでした

プレゼンや飲み会で何かにつけて

「負けねえよ?!」みたいな感じで毎回話題につっかかってくるので

正直めちゃめちゃウザかったです

 

このパワハラ上司は

「仕事であれば、どんな事を言っても、やっても良い」

という価値観でした

 

一方的な価値観の押しつけはやめましょう

そしてそんな人からは全力で離れましょう

どんな状況においても

人を傷つけて良い理由なんて無いんですから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です